IORI

占いの修行中

メニュー

手相の歴史

f:id:IORI627:20170124124347j:plain

手相学は、3000年~5000年前に古代インドで始まったといわれており、とても長い歴史があります。その後、中国、ギリシャ、ローマ、エジプトなどに伝わり、そして日本に伝わりました。

中国では、易学を取り入れて発達していき、病気を判断する手段の一つとして手相が使われていたようです。

日本には、平安時代に中国から「東洋手相学」が伝わったといわれており、貴族の間で流行したようです。

そして、明治時代に米国の手相研究家キローの手相占いの本「手の言葉」が世界的にブームになり、日本でも紹介され、日本の手相が「西洋手相学」に変わるきっかけになりました。

旧約聖書ヨブ記37章7節「神は人の手に、印象を置きたまえり、それによりて、全ての人々に、彼らの職分をしらしめんがためなり」とあり、古くから手相が重要視されていたことが分かります。

 


 手相のこと


手相の歴史 
手相の歴史はかなり古いです

右手でみるの?左手でみるの? 
手相はどちらの手をみるのでしょうか?

手相鑑定しました!

 


 私が行った福岡のお店


俺のフレンチ***福岡市博多区 
ジャズを聴きながらフレンチが楽しめるお店

酒肴焼肉 彩稟(さいりん) ***福岡市博多区 
私が一番好きな焼肉屋さん

うなぎの千年家(ちとせや)***うきは市吉井町
うなぎがとても美味しいお店

河太郎 中洲本店***福岡市博多区 
博多で呼子のイカが堪能できるお店

ちんぷんかんぷん薬院店***福岡市中央区
にぎやかで楽しいお店

ダンシングクラブ***福岡市博多区 
手づかみで食べるワイルドなお店

 

広告を非表示にする